コレはヤバすぎる!可愛すぎる「エッチなおねだり」5つ

warotter(ワロッター)

aaaaaaaaa名称未設定-1

特に、エッチな内容の場合には、口に出して伝えた時の彼の反応を想像して、「ひょっとして引かれちゃう?」と怖くなって言えずにいる女子も多いはず。だからといって、「したい」気持ちを隠しているのも、我慢するのもスッキリしません。

そこで、ちょっとエッチなことであっても、彼にドン引きされることなくかえって「可愛すぎる」と受け取られるようなおねだり方法を5つご紹介します。

1.キスのおねだりから

恋人同士なら、キスのおねだりくらいは女子からしても引かれることはまずありません。二人きりのシチュエーションでのおねだりなら、最初は軽いキスでも、「もっと」とつぶやいたり、手を首や背中にしっかりと回すという行動で、濃厚なキスに自然とつながっていきます。オーソドックスな方法ですが、高確率で彼もエッチな気分になるはずです。

2.友だちの話として

「ねぇ、女子から誘うのってどう思う?」と探りを入れてみましょう。そのきっかけとして、「私の友だちは自分から誘うこともあるって言ってるけど」とか「この間後輩に聞かれたんだけど」という前置きをつけるといいでしょう。彼が「問題外だろう」と否定的な場合には、すぐに話をそらして別の方法を試したほうがいいけれど、「へぇ、それもアリなんじゃん?」的な受け入れ風であれば、「じゃ、誘ってみようかな~」と迫ってみてはいかがでしょうか?

3.エッチ最中ならほとんどの場合OKかも

最中であれば、よほどの変態プレイでない限り、女子からの提案も受け入れられることが多いようです。すでにエッチなことをしているので、エッチな内容の会話で引かれることはまずありません。モノの勢い的に「アレしてみたい」とサラっと口に出せば、「よしきた!」と乗ってきてくれる可能性はかなりの高さです。この場合は、あまり恥ずかしがらず、勢いに乗って口走るくらいのほうが、受け入れられやすいので、是非試してみてください。

4.ピロートークの流れで

二人の体と心の距離が近づいている瞬間を狙って、「次はこんなことを試してみない?」という誘いを口に出してみるのも一案です。最中のように夢中の中で口走るわけではないので、ここは恥じらいをプラスするとより効果的です。甘えモードや彼を褒める感覚で「こんなこと、してもいいんだよ?」と言えば、そのまま第二ラウンドへ突入かもしれません。

5.彼のエッチ本を見つけて一言

女子のたしなみとして、たとえ彼の部屋にエッチな本やDVDが隠されていても、普段は見逃してあげているものですね。でも、ちょっとハードルの高い「したい!」をおねだりする時には、これを有効に使いましょう。「ねぇ、こうゆうの、やってみたいの?」と表紙などのエッチなシーンを指さしながら聞いてみましょう。ふざけた様子よりも真顔で聞くのがコツ。彼が焦っても、しどろもどろになっても、怒ったフリをしても、あまり気に留めず「いいよ、してみても」と言えば、「ホント?」と聞きながらも手を伸ばしてくるはず。 

いかがでしたでしょうか?

女子だって、アレしてみたい、コレしてみたいという欲求はみんな持っているものです。ただ、「エッチな子」と思われたくなくて、口にしないだけ。

でも実は、男性は「エッチな子」が好きだったりします。ただ、自分の前でだけ、エッチでいてほしいのです。そこを押さえた上であれば、彼へのエッチなおねだりはきっと成功します。(modelpress編集部)

引用元:mdpr

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます