人を死に至らしめる危険度MAXの生き物たちをご覧ください

warotter(ワロッター)

aaaaaaaaaaaa名称未設定-1

軍隊アリ:
アマゾンに住む殺人アリ。
おびただしい数の軍隊アリに襲われると、馬ですらも食いちぎられてしまう。 alt
出典: らばQ

カンディル:
現地ではピラニア以上に恐れられているという危険魚。
アンモニアに敏感に反応し、人間などの肉を食いながら体内に潜りこんで来るという、恐ろしい性質を持つ。 alt
出典: NAVERまとめ

ヒグマ:
日本にも生息している巨大な熊。。
ヒグマに襲われ死亡したニュースは後を絶たない。 alt
出典: NAVERまとめ

ホオジロザメ:
ご存知「人食い鮫」の代表格。
血の臭いに反応し、人だろうといとも簡単に狂気の鋭い歯で食いちぎる。。 alt
出典: NAVERまとめ

オニダルマオコゼ:
性格は大人しくまず襲ってくることはないが、磯遊びしている子供やダイバーなどが間違って踏む事例が多発。
鋭いひれに強力な毒があり、刺されると激痛に襲われる。 alt
出典: NAVERまとめ

アフリカマイマイ:
ただのカタツムリと侮るなかれ。
体内に「広東住血線虫」という危険な寄生虫が存在しており、これに寄生されると死に至る。
這った跡に触れても寄生される恐れがあるというから実に恐ろしい。 alt
出典: 香港マダム ナビのブログ

ヒョウモンダコ:
日本の磯などにもいる小型の殺人ダコ。
テトロドトキシンという猛毒が唾液に含まれており、噛まれると死に至ることもある。 alt
出典: NAVERまとめ

キロネックス:
オーストラリアに住む殺人クラゲ。
60本の触手の中に、5千億本の強力な毒針を持つというから驚きだ。alt
出典: NAVERまとめ

ダツ:
日本の海でも捕れる獰猛な魚。
光に向かって猛烈に突進してくる性質があり、鋭い刀状の形状により、急所に刺さると当然死ぬ。 alt
出典: NAVERまとめ

カツオノエボシ:
日本の海でもよく見かける猛毒クラゲ。
死んでも毒は残り、砂浜に打ち上げられている固体を掴むのも非常に危険。 alt
出典: NAVERまとめ

スベスベマンジュウガニ:
名前はカワイイが、青酸カリの数百倍とも言われる猛毒のテトロドトキシンを持つ恐ろしいカニ。
他のカニと同じノリで食べると、呼吸困難に苦しんだ挙句、死に至る。 alt
出典: The Lslets of Langerhans Sea

ヤマアラシ:
動物園でもおなじみだが、鋭いとげが場合によっては凶器に。
木の板くらい簡単に貫通するので注意が必要。 alt
出典: GigaziNE

ブラックマンバ:
コブラに次ぐ、毒蛇の代表格のマンバ。
ひとたび噛まれると1時間ほどで死に至るらしい。 alt
出典: scienceray

ヒトヒフバエ:
なんと、人間の皮膚の下に卵を産むという、恐ろしい性質を持つハエ。
寄生されるとすぐに摘出をしなければならず、さらに摘出に失敗してウジの体液が体内に侵入すると、悲惨なことになるらしい。 alt
出典: NAVERまとめ

アフリカミツバチ:
普通のミツバチと違って、獰猛な性格で、巣に近づくとおびただしい数の大群に襲われ、場合によっては死に至るという。
alt
出典: らばQ

パラポネラ:
南米の熱帯雨林に生息。
攻撃の前に甲高い警告音を発し、ひとたび噛まれるとこの世の物とは思えない痛みが1日以上続くらしい。。 alt
出典: らばQ

ヤドクガエル:
世界で代表的なドクガエル。
吹き矢に塗る毒としても使用されたことがあるほどの猛毒を持つ。 alt
出典: NAVERまとめ

ヤマカガシ:
日本にも多数生息する毒蛇で、最近猛毒を持つことが分かってきた。
性格は大人しいが、ハブよりも強い毒を持つといわれるので注意が必要。 alt
出典: 木漏れ日ゆれるバルコニー

ホッキョクグマ:
世界最大の肉食動物。
動物園では人気者だが、野生では毎年死亡事故が多発。 alt
出典: urspolar.exblog.jp

スズメバチ:
おなじみ、最も身近にいる危険生物。
日本にいるオオスズメバチは世界でもトップクラスの危険性を誇る猛毒バチ。 alt
出典: NAVERまとめ

イモガイ:
日本にもいる驚くべき猛毒を持つ貝。
血清が存在しない上、一つで30人を死に至らしめる猛毒を持つ。 alt
出典: 全国おすすめ動物園局

いかがでしたでしょうか?
世界には、こんなにも我々人間を簡単に死に至らしめる危険生物が存在しているんですね!
ヤマカガシやスズメバチなど、私たちの身の回りにも危険生物は存在しますので、くれぐれも注意しましょう。
引用元:bmgcrowd

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます