騙されちゃダメ!宅配業者を装った詐欺メールが多発中

warotter(ワロッター)

aaaaa名称未設定-1

「クロネコ」からの宅配便と聞けば、誰もが思い浮かべるのはあの大手宅配サービス会社「ヤマト運輸」ですよね。しかし「クロネコEX便」と称したメールにはご注意を。全くの詐欺メールです。

▼コチラはTwitterユーザーのいまるさんが紹介した「クロネコEX便」と名乗る架空業者からのメッセージ。

kuro_R

((((;゜Д゜))))やベー 普通に荷物待ってたもんで ひっかかりました私。 配送で取り引きされる皆様 クロネコEX便 要注意です!!!! 全くの架空業社です!!

名が知れているからこそ、疑われにくい。このメリットを悪用して、大手宅配サービス会社を装った詐欺メールが多発しています。

■その内容は…
「荷物をお届けに参りましたが不在でした」というメール。内容を見ると、荷物受取りに必要な事項を入力するよう促した、URLが記載されています。

これを開いてしまうと、出会い系サイトへ誘導され、名前や住所の入力を求められるという落とし穴があるのです。

この類のメールを受信したら、URLへアクセスしたり返信をしたりすることのないよう注意しましょう。

▼「クロネコEX便」だけではなく「イ左川急便」なるものまで…

昨日「クロネコEX便」の怪しいメールが拡散されてたけど、こちらにはイ左川から着てた。 pic.twitter.com/cdiGnhfIsx

— あんのうん (@xily79) 2015, 6月 16

▼宅配業者のホームページでも注意勧告がされています。

ヤマト運輸:ヤマト運輸の社名もしくは類似名称を名乗る迷惑メールについて
佐川急便:佐川急便を装った迷惑メールにご注意ください

■もし詐欺メールにひっかかり、名前と住所を送信してしまったら…?
架空請求のメールが送られて来たり、架空の振込依頼書が郵送されて来たりするケースが考えられます。その場合は、一切無視しましょう。

万が一被害がでたときには、速やかに警察へ相談することをお勧めします。

注文した荷物を待っているときにメールが来たら、うっかりその荷物の件だと思い込んでしまいがち。しかし、1歩引いて、もう一度よく内容を確認してみてください。冷静に確認するだけでも、騙されてしまう可能性はグッと低くなります。

引用元:buzzmag

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます