【画像14枚】ノンフィクションだからこそ、怖すぎる写真…

warotter(ワロッター)

aaaaaaaaa名称未設定-1

1.昨夜は両親が出かけていて、ひとりで家にいた。その日は一日中雪が降ったりやんだりだった。翌日、目覚めて、朝食をとろうとキッチンに行ったとき、昨夜、家にいたのは自分ひとりではなかったことに気がついた。
1_e27_e

2.なんかいる・・・大量にいる・・・
2_e29

3.この写真は、グーグルのストリートビューに写っていたものだが、もとの画像を探しても、不鮮明か編集済みのものが見られるだけだ。どうしてグーグルは編集してしまったのだろうか? たまたまこの奇怪な姿がおぞましいエイリアンみたいに見えるからといって苦情が寄せられたわけではないだろう。この手の変装をしてわたしたちの間に紛れ込む輩の類だと言う人もいれば、単に、自転車のそばに少年が立っているだけだと主張する人もいるが・・・
3_e29

4.怪物メデューサの姿を直に見た者はたちまち死んでしまうと言われている。この写真は、チェルノブイリ原発の地下にできた、炉心から流れ出たものが冷えて固まったもので、象の足と呼ばれている。直径は2、3メートルだが、重さ数百トンもある。この写真は、廊下の隅から鏡を使って撮られたもの。車輪のついた自走カメラを使って撮影しようとしたが、放射能のせいで壊れてしまったのだという。メデューサを退治したときの方法と同じだ。
4_e22

5.廃屋の中で見つかった光景。
5_e21

6.アオリイカの仲間。メキシコ湾の水深228メートルの深海で撮影された。(水深2000mあたりにいるミズヒキイカだという意見も。)
6_e19

7.連続殺人犯エド・ゲインが作った、本物の皮膚でできた手袋。
7_e18

8.コウモリを食べるヘビ。
8_e14

9.Uボートの近くで浮上する、絶滅したと言われているサメの仲間メガロドンらしき生物。1940年代に撮影された写真。
9_e14

10.幼い少年の描いた不気味な絵。
11_e10

11.1991年に実際に撮られた超音波写真
12_e11

12.古代エジプト時代のミイラ化した指。これ自体は珍しくもないが、その大きさは38センチもあり、この指の持ち主は身長が5メートル近いことになる。
13_e11

エジプトで発見された巨人ネフィリムの指?指の大きさはなんと96センチ

13.この写真はイタリアのある新興宗教団の儀式の様子。盗み撮りされたものなのか、参列者が撮ったものなのかは不明。
14_e10

14.どれほどできのいいホラー映画でも、現実にはかなわないということだ。
15_e10

引用元:rinten

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます