世界で一番危険な都市wwwここ行ったら死ぬぞ

warotter(ワロッター)

eye

治安の良い日本に慣れた我々からすると、世界はやっぱり危険。

シリアなどの紛争地域や、イスラム系武装集団が支配する地域など、あっという間に首を斬られて終わりそうな国も少なくありません。

こうした国々の危険性は、メディアでも度々報じられており、危なそうなのは分かるわけで、「それでも行くぞ」という方は頑張って下さい。

では紛争地域以外で、最も危険だと言われている都市はどこでしょうか。

それは、ホンジュラス共和国サン・ペドロ・スーラという都市です。

メディアが伝える「世界の危険な都市ランキング」では、並み居る強豪を抑え、2011年と2012年連続で栄えある1位に選ばれています。

◆ホンジュラスとかいう国

ホンジュラス共和国は、中央アメリカに位置し、カリブ海と北大西洋に挟まれており、大きさは日本の3分の1ほど。

Honduras_(orthographic_projection)

バナナやコーヒーの名産地で、年間を通して温暖な気候をしており、カリブ海岸にはバイーア諸島などダイビングの名所もあります。

サン・ペドロ・スーラは、首都テグシガルパに次いでホンジュラス第2位の人口を有している産業都市です。

San-Pedro-Sula-600
サン・ペドロ・スーラの中心地

5596549061_cd07b8c71a_z
大聖堂を含む街の夜景

こうした写真だけ見ていると、とてもそんな危険な街には見えません。

また、外務省が発表している渡航に関する危険情報では、レベル2「渡航の是非を検討してください」となっています。

渡航情報

世界には、同じレベル2の地域は山ほどありますが、何故サン・ペドロ・スーラが世界で最も危険な街だと言われているのでしょうか。




◆殺人事件発生率が日本の300倍!

まぁ中南米全般に言えることですが、ホンジュラスでは麻薬取引に関連したマフィア同士のトラブルや抗争が頻繁に起こっている状態です。

そのため、殺人強盗誘拐といった凶悪犯罪が日常的に発生しています。

honduras murder2

honduras murder

honduras006
悲しい日常

また、国民の約7割が失業していると言われ、生活のために麻薬の売買を含む犯罪に手を染める人が後を絶ちません。

しかも、犯罪があまりに多いため、ちゃんと申請をすればライフルや拳銃の所持が法的に認められます。しかし、個人が比較的容易に且つ合法に拳銃を所持できる事で、かえって犯罪の凶悪化を招いてしまっているという悪循環。

なお、殺人事件の発生件数は、10万人あたり90.4件。※日本は10万人あたり0.3件

修羅の国として名高いメキシコですら、10万人あたり21.5件。トップ10にすら入れていません。

ランキングはこちら
世界の危険な国ランキング

そんなホンジュラスの中で、特に治安の悪い街が、サン・ペドロ・スーラということなのです。




◆凶悪犯罪組織

サン・ペドロ・スーラには、マラ・サルバトルチャと、そのライバルのマラ18という世界的犯罪組織の支店があるのですが、例のごとく激しい抗争が続いており、拘置所や刑務所の中ですら争いが起こり何人もの死者を出しています。

M-132_s

MS-13_s
怖すぎわろたw

そもそも、ホンジュラスの刑務所には犯罪者が溢れかえっており、受刑者がバザーを経営したり、現金を賭けた賭博が行われていたりと、まったく刑務所として機能していません。
まさに、アンチェインを地で行く状態なわけです。

Honduras prison
iPhoneから売春婦まで、なんでも揃うよ!

治安当局も、こうした犯罪組織を取り締まろうと努力はしています。しかし、警察官が返り討ちに遭うケースも少なくありませんし、一方では犯罪組織と癒着しちゃう奴もいて、治安の回復はまだまだ先の様子です。

さらに、こうしたギャング団の残虐性が深刻なのは、組織に属さない相手には、たとえ子どもといえども容赦がないところ。組織への入団を拒んだ7歳の少年が拷問の果てに殺害された事件もありました。しかも、この少年の兄弟も同じ理由で殺害ていたという…。

先に挙げたマラ・サルバトルチャは、現在世界で最も危険な組織の1つと言われています。




◆サン・ペドロ・スーラで生き抜くために

ここまでで、サン・ペドロ・スーラの恐ろしさはけっこうお伝え出来たかと思います。

しかし、この記事のアップが一歩遅く、既にサン・ペドロ・スーラに行ってしまっている方がいるかもしれません。

なんとか無事に日本に帰ってきてもらえることを願い、生き抜くための鉄則をここに記します。


・鉄則1

夜間の外出は、極力控える事。基本中の基本です。

昼間でも単独行動はできる限り避け、近距離でも徒歩ではなく車両を利用するようにしましょう。

車輌にも注意が必要で、バスや相乗りタクシーの中でも普通に強盗が発生しますので、電話で事前に手配して利用するタイプのラジオタクシーが最も望ましいです。

ラジオタクシーを呼ぶのが難しい場合、目的地にもよりますが大きなホテルなどを拠点とするオフィシャルタクシーやショッピングセンター専属タクシーが比較的安全だと言われています。

間違っても夜間に流しのタクシーなどは絶対に利用してはいけません。運転手が強盗に豹変する場合があるのです。

この事は、エク哲事件等を通じて、皆さんもよくご存知でしょう。


・鉄則2

外出の際はなるべく目立たない服装で。

もちろん、アクセサリーや腕時計などの高級品は身に着けてはいけません。携帯電話なども人前に出すのは危険です。全て、強盗の対象になり得る物品です。

現金も分けて持つようにし、万が一襲われた時のための「見せ金」としてサイフに適当な額を入れておきます。犯罪者はほぼ100%銃を持っているので、金目のものが無いとわかると、逆上して撃ってくる場合があります。襲撃に遭遇した場合は決して抵抗はせず、命を守ることを最優先に考えるようにしましょう。



・鉄則3

油断しない。

たとえホテルにいても、油断はできません。規模にもよりますが、ホテルが丸ごと襲われたなんていう事件も実際に起こっています。

警察官の制服を着た人物であっても、見知らぬ人間が訪ねて来たら絶対にドアを開けてはいけません。
滞在先や飲食店では、常にセキュリティーの状況を把握し、身の安全について注意を払うよう心掛ける事が必要です。

臆病だからだ
こういう姿勢が大事




というわけで、危険な側面ばかり紹介しましたが、実はホンジュラスという国は、ダイビング愛好者にとっては人気の地だったりもします。

HondurasBeach_Resort

whale-sharks-honduras
ジンベイザメと戯れたり

また、犯罪組織に属さない人々は皆陽気で明るく親切。

サン・ペドロ・スーラという都市が危険なのは変わりませんが、きちんとした準備と覚悟を持って、今度のお盆休みあたりにホンジュラスを訪れてみるのも悪くないかもしれませんね。

引用元:fknews-2ch.net

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます