【ネタバレ注意】かぐや姫の物語の「罪と罰」の意味を高畑勲監督が激白…

warotter(ワロッター)

aaaaaaaaaa名称未設定-1

「かぐや姫の物語」でいつも話題になるのがキャッチコピーの「姫の犯した罪と罰」。

上映当時も「結局、姫の犯した罪って何? 罰ってどういうことだったの?」という感想が目立った。「かぐや姫の物語 罪と罰」で検索をかけた人もたくさんいるはずだ。 

(中略)

雑誌『ユリイカ』の2013年12月号の特集「高畑勲 『かぐや姫の物語』の世界」でも、三橋健による「かぐや姫の罪」、三浦佑之による「罪とはなにか」をはじめ、かぐや姫の「罪と罰」に言及した論考は多い(中略)。 

さて、同誌には、高畑監督のインタビューも掲載されている。そこでもやはり「かぐや姫の罪と罰」について触れられていた。ちょっと長めになるが引用しよう。

だって原作に書いてあるんですよ。姫は「昔の契りによって来たんだ」と言うし、お迎えの月の人は「罪を犯されたので下ろした」が、「罪の償いの期限が終わったので迎えに来た」とかね。

僕のアイディアというのは、罪を犯してこれから地上に下ろされようとしているかぐや姫が、期待感で喜々としていることなんです。それはなぜなのか。地球が魅力的であるらしいことを密かに知ったからなんですよ、きっと。

しかしそれこそが罪なんだと。しかも罰が他ならぬその地球に下ろすことなんです。なぜなら、地球が穢れていることは明らかだから、姫も地上でそれを認めるだろう。そうすればたちまち罪は許される、という構造。それを思いついたんです〉

ただしこれはあくまで前提で、暗示に留めようと考えていたのだそう。ところが、企画の鈴木敏夫が「姫の犯した罪と罰」というキャッチコピーを思いつき、高畑監督の反対を押し切って通してしまった。…

そのために、チラシで説明を増やし、本篇も少し直すことになった。インタビューを担当した中条省平はこう問いかけている。

〈人間的な感情や欲望があり、さまざまな色に満ちている人間界というものがそもそも罪なんだということですよね。しかし、すべて純潔で清浄な月世界にとってはそれは罪だけれど、当の人間にとってはかけがえのないことであって、その罪や穢れも含めて現世を肯定しようという意志を感じました〉 

これに高畑監督は「まさしくそういうことです」と答えている。しかし「肯定」というのは微妙な言葉で、「こういうものなんだ」というある種の諦めや絶望も含んでいるように思える。月の世界の住人が予想していたとおり、かぐや姫は人間界で「幸せになる」ことができず、心の奥底から地上での生を否定してしまう。

小さなころは「地上での喜び」を噛み締めていたはずのかぐや姫は、成長するとともにどんどん窮屈になっていく。


彼女を取り巻くのは「女の幸せは結婚」「女は結婚してこそ価値がある」という(平安時代でも、そしておそらく現代でも変わらない)価値観と、かぐや姫を「女」として品定めする男たちの視線、そして娘の幸せを願うあまりに娘を不幸にしてしまう父(竹取の翁)の愛情だ。 
彼女は心の底から「月に帰りたい」と思ってしまう。それと同時に、同じくらい「帰りたくない」とも思う。

この世は美しく、豊かだが、つらい。でも好き、でもつらい。希望に満ちあふれているが、同じくらいの絶望に縛られる。かぐや姫はきっと、月に帰ったあとも、(かつてかぐや姫が地上に憧れたきっかけの「羽衣伝説」の天女のように)地上の歌を涙を流しながら歌うのだろう。
また違う月の住人が地上に憧れをいだき、そしてつらい思いをして帰っていく……。月の世界の住人に死はないが、愛とつらさが循環していく。「かぐや姫の物語」は、本当につらいお話だ。(抜粋)

no title

『かぐや姫の物語』とは

327859

『かぐや姫の物語』(かぐやひめのものがたり)は、『竹取物語』を原作とした高畑勲監督・スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。2013年11月23日に公開された。キャッチコピーは「姫の犯した罪と罰」。
日本のアニメ映画としては破格ともいえる、企画開始から8年の歳月と50億円を超える製作費が投じられた。技法面では、『ホーホケキョ となりの山田くん』で導入された、アニメーターの描いた線を生かした手書き風のスタイルが本作でも使用された。加えて、背景も動画に近いタッチで描かれ、両者が一体となり「一枚絵が動く」ような画面をもたらしている
全国456スクリーンで公開され、2013年11月23日、24日の初日2日間で興収2億8,425万2,550円 動員22万2,822人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった。公開9週目時点でランキング11位となり、累計観客動員184万9,467人、累計興収22億1,756万5,750円。

mmi_kaguya_01

鈴木敏夫は、2014年5月に刊行した著書で、本作の興収を「25億(円)」と記している。鈴木はこの結果について「ちょっと厳しかった」「とてもおもしろがってくれた人たちがいた反面、一般的な広がりがそれほどでもなかった」と述べ、尺の長さに娯楽映画として問題があったと評する一方、公開から時間が経ってから観客が増加する「不思議な動き方」をしたことや高く評価する鑑賞者の存在を挙げ、高畑勲が「思いの丈をぶつけた映画」なので「ショックはありません」としめくくっている。
417: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 11:24:49.96 ID:Fsqo9k+j0.net
意外と面白かったけどな。
6: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 08:35:53.64 ID:MqYdUa6/O.net
じいちゃんばあちゃんなんも罪おかしてねえのに
寂しさだけ与えられた
かぐや姫より
じいちゃんばあちゃんが罪かぶっただけ
13: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 08:39:43.04 ID:Ke945Gcq0.net
能書きが先行して物語がおろそかになる
15: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 08:40:44.52 ID:501ujhfO0.net
今回のかぐや姫、月からのお迎えが何でまたお釈迦さんなんだか。
市川崑のは超巨大UFOとクラゲのような半透明の使者3、4体だったけど…。
54: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 08:57:16.65 ID:WFMVNxfz0.net
>>15
それで正しいno title

〈阿弥陀二十五菩薩来迎図(知恩院)〉
no title

市川昆作品であっても「雲」の表現を邦画に期待できなかっただろうなあ
「未知との遭遇」の雲を作れるような設備も技術も当時から邦画では無理だった
close-encounters

99: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 09:12:23.82 ID:8FFzcqkf0.net
>>54
その如来は月とは何の関係も無いぞ
単に出現する時の一般的な表現
35: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 08:49:38.36 ID:8fj3Cbnr0.net
何というか日本昔話だよねえ
そして、何というか中途半端
ストーリーがマジメなのにそれをコミカルにやってるから冷めるわ
大河ドラマみたいに最初から最後までマジメにやれば面白くなるんじゃないかなあ
41: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 08:52:51.33 ID:1URWQcte0.net
これが大ゴケしてなかったら、作画スタッフがクビになることもなかったかもね・・・
企画を通した人のせい?
57: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 08:58:39.18 ID:0YotrppO0.net
初めて見たけど単純に草花が綺麗で音楽が良くて童が可愛らしくて見てしまった

20150223125410

59: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 09:00:22.93 ID:Y4PzXYSA0.net
目的と手段が逆転の見本
66: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 09:02:11.48 ID:ysslN7hG0.net
ちょっとだけ見たけど
どう考えても失敗の部類だよな
141: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 09:25:58.58 ID:+DAAaCly0.net
これの売りは水墨画調な絵だろうな
142: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 09:26:14.57 ID:yr37j4SA0.net
駄作の中の駄作だったな
思想がアホすぎ
145: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 09:27:18.46 ID:pxnbbaWc0.net
評判悪いんだね・・・・
面白かったけどなー、かぐや姫可愛かったし。
捨て丸と駆け落ちハッピーエンドにして欲しかったけど、さすがに原作は変えられないのか・・・・。
147: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 09:27:33.88 ID:qcWV1qeS0.net
びっくりするほどつまらなかったな
あの女が何を考えているか分からんからどんなセリフを発しても
全く説得力がないしまるで感情移入できない
151: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 09:31:04.80 ID:pxnbbaWc0.net
>>147
姫は子供の時のまま、あのままずっと山で暮らしたかったんでしょ
そして捨て丸と一緒になって幸せに暮らしたかったんだよ
翁が無理矢理都に連れていって、贅沢な暮らしをさせることが姫の幸せって考えた事が
不幸の始まり、毎日何をしてもつまらないから、ストレスでああいう謎行動に・・・・。

20150223130423

181: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 09:41:47.90 ID:xNPEKP1g0.net
50億円かけて会社を傾け、社員ほぼ全員を解雇した事の方が罪だわな
305: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 10:37:35.04 ID:IdFDP02E0.net
>>181
ほんとこれ
196: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 09:46:21.30 ID:VhQlpoao0.net
でもまぁ原作を暴行しなかったおかげで、かぐや姫ならこの映画を見ろって言える

20140118210806

223: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 09:59:23.35 ID:RQEXsVSy0.net
もっと改変したかぐや姫がみれるものと思ってたからな。
255: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 10:15:17.33 ID:7Qfzf/hI0.net
自分はすごく楽しめたけど、今の若い子にはウケないだろうなと思った
293: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 10:32:10.28 ID:gJM/6kM20.net
いまいち感動出来ないのは、姫が「地球に居たい」って思う気持ちが
全く伝わってこなかったからかもしれない
だって、姫が伸び伸び楽しそうにしてたのって最初の30分ぐらいで、
あと2時間ぐらいずーっっと嫌なことだらけで、ずーっっと悲しい顔
もう帰った方がいいだろって思っちゃうよ

29a641be7cf3cd571d3abe0a29b9841d

315: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 10:41:13.74 ID:Y3GLqa9g0.net

結局は、月に帰ってお終いってのがなぁ・・・。

月の世界を描くくらいやって欲しかったな。
というか、別にかぐや姫の話なんて史実じゃないんだから、
「現世自体が罪」とかそういうのは二の次三の次にして
もっと面白い解釈や新しい解釈を入れて、エンタメ的に見応えのある
内容を目指して欲しかったな。50億もかけてるんだから。

339: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 10:49:26.24 ID:KggzV8Mu0.net

かぐや姫の心境ってこれだろ

すべて世の中のありにくく、わが身とすみかとの、はかなくあだなる樣、
又かくのごとし。いはんや、處により、身のほどに隨ひつつ、
心をなやますことは、あげて數ふべからず。

人を頼めば、身他の有なり。人をはぐくめば、心恩愛につかはる。
世にしたがへば、身くるし。したがはねば、狂せるに似たり。
いづれの處をしめて、いかなるわざをしてか、暫しもこの身をやどし、
玉ゆらも、心をやすむむべき。

365: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 11:00:14.57 ID:ngXDX6jMO.net
>>339
やはり原作は秀逸。
379: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 11:06:16.15 ID:WFMVNxfz0.net
>>339
とかくに人の世は住みにくい
住みにくさが講じると、安い所へ引き越したくなる。
どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生まれて、画が出来る。
378: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 11:05:31.27 ID:SpxIzf2F0.net
地球で生まれることが刑になるとかひどい話だなw
449: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 11:38:54.49 ID:jE5P1Upa0.net
映画公開時やビデオ発売時は絶賛だったんだが、TVだとさんざんなんだなw
506: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 11:59:33.98 ID:yt0YC7O40.net
親子間のコミュニケーションは大切にしましょうという話

20141028184749

521: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 12:03:55.15 ID:QIMZO/Kz0.net
映像がアニメーションしてるって感じだった
話はもうちょっとあればよかったけど
573: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 12:22:29.01 ID:5gGrKH1o0.net
映画館に観に行かなくてよかった。絶対人前で泣いてたわ
593: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 12:29:18.04 ID:57oD11T60.net
なんかずーっと息詰まるような憂鬱な映画で映画館で観た人はきつかっただろうな
と思いました
610: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/03/14(土) 12:36:25.27 ID:AMfmZjya0.net
>>593
映画館で見たけど、初めの部分でもう表現と描写力のすごさに圧倒されたよ。
テレビよりむしろ映画館で見るべき。

image-d29c6

 

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます