【衝撃の事実】 「眠気覚ましにコーヒー」は逆に眠くなることが判明!!

warotter(ワロッター)

「眠気覚ましにコーヒー」は逆に眠くなることが判明!

coffee2

眠気覚ましといえば、“コーヒー”に頼る人がきっと多いでしょう。
コーヒーを飲むと、カフェインの作用で一時的にシャキッとしますもんね。

でも、実は徹夜するときにコーヒーを飲むとかえって能率が落ちるという
恐ろしい事実を皆さんはご存知でしょうか?

コーヒーを飲むとかえって眠くなってしまう
コーヒーがなぜ徹夜作業に向かないのかというと、コーヒーには“利尿作用”が
あるから。コーヒーをがぶ飲みすると、その後、頻繁にトイレに行きたくなる……
という心当たりはないでしょうか?

頻繁にトイレに行くと、単に“作業が中断される”だけでなく、身体にも悪影響を
及ぼします。身体からどんどん水分が排出されて、水分不足に陥るのです。
水分不足になると、血流が滞ることによって、身体のだるさや眠気が
もたらされてしまいます。
つまり、眠いときにコーヒーを飲むと、一時的にシャキッとするものの、
しばらくするとまた睡魔に襲われてしまうのです。
それで、また眠気を飛ばそうと次から次へとコーヒーを飲んでも、利尿作用は
そのたびに働くので、ますます身体がだるくなり、眠気が増すという
悪循環にしかなりません。

徹夜作業を乗り切るためには?
飲むとすれば、水。あるいは、ノンカフェインの麦茶、黒豆茶、甜茶、杜仲茶などが
いいでしょう!

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます