【神秘的】受精から誕生までの10カ月の記録写真を見て、みなさんは何を感じますか?

warotter(ワロッター)

人は生まれてくるまで、お母さんのおなかの中で、どのように成長しているのか、10枚の写真とともに見ていきましょう!

受精から4日目

受精すると、まずは性別が決まり(ちなみに画像は女の子!)、その子だけの固有のDNAを手に入れます。このDNAにしたがって、今後の誕生までの成長、そして、人生全体を通しての身体の設計がなされるのです。

baby01

懐胎から5~6週目

まだ大きさは0.5センチほどですが、鼻・口・耳の形がすでにできています。心臓は脈打ち、血液は身体を巡り始めます。脳波も、すでに探知できるのです。

baby02

7週目

以下の画像の通り、それぞれの身体の器官が出来てきます。Chorionic sac(絨毛膜)、Brain(脳)、Amniotic sac(羊膜腔)、Placenta(胎盤)、Eye(目)、Liver(肝臓)、Umbilical cord(へその緒)

baby03

10週目

腎臓・腸・脳・肝臓など、主要な身体器官のすべてが機能し始めます。その小さな手と足を曲げることも出来るようになるのです。

baby04

12週目

筋肉がつき始め、ストレッチやキックをし始めます。お母さんのおなかに手をあてると、ぴくっと動いていることもあるかもしれません。反射運動も始まってきているのです。ただ、それがお母さんも感知できるほどになるには、もう少しかかります。

baby05

16週目

早ければ、この頃には胎動を感じ取れるようになってきます。

baby06

18~20週目

おしゃぶりを始めます。その子だけの唯一無二の指紋もできています。

baby07

6カ月目

外の音に対し、動作や脈拍の増加などで反応できるようになります。お母さんは、赤ちゃんのしゃっくりにも気がつくことができるでしょう。

baby08

6~7カ月目

顔立ちがはっきりとしてきて、視覚や聴覚などの五感も発達してきます。

baby09

8カ月目前後

お母さんの声を聞き分けることができるようになります。肌は色味が出てきて、ずんぐりとした、赤ちゃんらしい体型になってきます。この時につく余分な脂肪は、生まれた後の体温調節のため、とても大切なものです。

baby10

「みんな、こうして生まれてきたんだなあ……」と、しみじみ感動してしまいますね。子供が生まれるって、本当に不思議で、素敵なことですね。生命の神秘に心動かされた方は、
ぜひ『いいね』して下さいね!!

 

 
引用元:buzznews

 
 

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます