【危険】エナジードリンク・モンスター 2缶で少女死亡 どのぐらい飲むと危険なのかご紹介します。

warotter(ワロッター)

「モンスターエナジー」ブランドは、2002年にアメリカで発売され、
アメリカをはじめ北米、南米、欧州、豪州、アジアなど世界57カ国以上で
販売されているエナジードリンクで、2010年7月~2011年11月の米国エナジードリンクカテゴリーにおけるシェアはNo.1

43d2123d97e19c2dd6e7deb69cb2f6f77086ffdf1390801843

 

少女は亡くなるまでの24時間にモンスターエナジー2本(1缶700ml)を摂取。
カフェインの含有量はおよそ480ミリグラム。これはコカコーラ(350ml)の14缶分に相当するという。

主な飲料のカフェイン含有量:
コーラ系1缶 30~50mg
お茶1杯 50~80mg
コーヒー1杯 40~180mg
栄養ドリンク系1瓶 30~80mg
レッドブル(250ml缶)1本 80mg

カフェインの半数致死量は一般に約200mg/kgと言われているが、個体差があり、 
年齢やカフェイン分解酵素の活量や肝機能に違いがあるため、5g~10gが致死量と考えてよい。

フェインにも致死量があるというのは、初めて知った人もいるのではないでしょうか!!
他にもレッドブルなど、カフェインを多量に含むエナジードリンクは多数あります。

飲みすぎには注意しましょう。

引用元:NAVERまとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます