【臭い匂い漂う公衆トイレより汚い】あなたのスマホ、『ばい菌の温床』にしない方法

warotter(ワロッター)

img_ba3e62f54209d6b24c420598d6347cd777803

毎日お使いの携帯電話。いっけん清潔に見えても、実は液晶パネルにはバイ菌がいっぱいです!
びっしりとバクテリアが付着しているとか、ビックリですよね。
気をつけなければならないのが、これらのバクテリアが原因で感染症にかかる恐れがあるということです。

NG掃除法3つ

携帯電話を掃除する際に、いくつか気をつけたいことがあります。

(1)窓ガラス用クリーナーや、“アンモニア”を含む洗浄剤など、刺激の強い化学薬品は使用しないこと! 液晶パネルに傷をつけてしまうおそれがあります。

(2)ペーパータオルやティッシュの使用は厳禁! これも上記と同様に、液晶パネルに傷をつけてしまいます。

(3)直接水をかけないこと! 水が内部に浸入すると故障の原因になります。もし使用する場合は、布に少量つけて使用するようにしましょう。

かばんの中などの保管場所がバクテリア繁殖の一因に

あなたは、どこに携帯電話を入れていますか? たいていの方は、バッグの中や服のポケットですよね。しかも電源は、入れたままではありませんか?

ということは、携帯電話は常にあたたかい状態となっています。しかも暗いところに入っているので、バクテリアの繁殖にはもってこいの環境なのです!

バクテリアだけでなく、大腸菌の付着が確認された例があるというのですから、恐ろしいですよね。

清潔に保つための正しい掃除法4つ

1)液晶パネルの掃除には、“マイクロファイバークロス”を使うこと。

(2)バクテリアなどの除去には、少量のエチルアルコールをマイクロファイバークロスにつけて拭くか、市販の液晶パネル専用の掃除グッズを使うこと。

(3)掃除をするときには電源を切ること。そのほうが汚れが見えやすいですし、間違って必要な情報を消してしまうことも避けられます。

(4)液晶パネルは、まず縦に、そして横に拭くこと。丸く拭いていくと、角の部分を拭き忘れてしまいがちですし、液晶パネルに傷をつける原因にもなります。

 

携帯電話は手で触るものですから、こまめな手洗いもお忘れなく!

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます