【寝相診断】あなたは何型?寝相で分かる心身の健康チェック!

warotter(ワロッター)

o0404040412754416394

▼うつぶせ型

几帳面だが自己中心的。
他人のミスを許すことが出来ず
それがストレスの原因になっている

▼抱きつき型(布団やまくらをはさんで寝る)

理想が高く、それが実現できないでいるタイプ。
そのため慢性的な欲求不満を抱えている

▼囚人型(横向きでくるぶしを重ねて寝る)

仕事や対人関係で悩みを抱えている。
くるぶしを重ねるのは何か不安の表れで
苦しみを表している。

▼スフィンクス型(ひざまずいて背中を丸くしてねる)

不眠症や眠りの浅い人に多い。
早く昼の世界に戻りたいと望んでいる
子どもに多く見られます。

▼半胎児型 (横向きで少し膝をまげて寝る)

自分の利き腕を下にして寝る人が多く
バランスのとれた安定している。
常識的で協調性もある。

ただし、人の良さだけが取り柄で、
「毒にも薬にもならない」性格の場合も。

▼胎児型(横向きで丸まってねる)

警戒心が強い反面 依存心も強い。
いつも誰かに保護されたいという依存心が強く
人付き合いが苦手でいつもストレスを感時て居る。

▼大の字型

親の期待を一身に引き受けて育ったタイプで、
自分に強い自信を持っています。

安定した人柄で柔軟な性格を持っていますが、
女性の細やかな感情を理解するのが苦手です。
(男性の場合)

▼膝が山型(膝を立てて寝る)

神経質で短気な性格。
記憶力がよい。
しかしそれが仇となって
いつまでも根に持ちクヨクヨし続けます。

▼冬ごもり型(布団にもぐりこんで寝る)

深い洞察力を持った人。
物事を慎重に考える。
それゆえに些細なことがストレスになりやすい

▼やすらぎ型(胸の上に両手を置いてねる)

大きな悩みを抱えている人のスタイル。
胸に手を当てているのは
何かから身を守ろうとしているため

日常生活をおくっている最中に
突然不安に襲われることあります。
肉体的な悩みを持っている

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます