いじめっ子に対して、女の子がとった「クリエイティブな仕返し」がすごい!!

warotter(ワロッター)

shutterstock_143897434r-1038x576

アルバータシティの南部に位置する街、エアドリーの街で始まったムーブメントが今世界中に広がりつつある。それは「ポジティブなポストイットを貼る」というものだ。

ムーブメントを起こしたCaitlin Prater-Haackeさんは以前、フェイスブック上でいじめっ子から死を促すような言葉を投げかけられたことがある。メッセージを目の当たりにした彼女の母親が吐き気を催す程の恐ろしい言葉だったそうだ。

しかし本人はというと、返信する代わりにマーカーペンと小さな紙を手に取り、学校中のロッカーにポジティブなポストイットを貼っていった。

「あなたって美人!」
「笑顔がステキ!」

彼女の通っていた高校「George McDougall High School」は当初、ポストイットをたんなる「ポイ捨て」であるとして受け入れなかった。しかし、街の役所が彼女の行動に賛同、10月9日を正式に「ポジティブ・ポストイット・デイ」として認定。 現在、彼女の高校ではポジティブ・ポストイットがそこら中に貼られ、今ではその「カラフルなメッセージ」を学校側も認めているのだそう。 ムーブメントは更に校外から街へ飛び火し、街のオフィスでも活用する人々が増えていった。

現在ではフェイスブックページが開始。ツイッターでもハッシュタグ「#PositivePostit」で多くの人がムーブメントを拡散しているようだ

 

 

ふと気づいたら、ロッカーやデスクに「今日も素敵だね」の一言がある。たった一言のポジティブな伝言メッセージはきっと人々の1日をいつもより素敵にしてくれるはずだ。ネガティブをポジティブに変えた彼女のアイデアと行動力は、いま世界中の人々の1日を明るく彩っている。

Source:A Bully Urged Her To Die, So She Hatched A Plan And Invited Her Whole School To Participate on Up worthy, Positive Post-it Day held to encourage Airdrie teen’s anti-bullying campaign on CBC NEWS ,Positive Post-It Day ,Positive Post-it Day on YouTube

引用元:Tabilabo

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます